ガチ恋は フラれてからが 始まりだ

どこかの推しにフラれたどこかのファンのブログです

フラれたガチ恋、占いに行った流れで推しとの相性を見てもらう

皆さんこんにちは、+思考さんです。
 

桜が綺麗な時期ですね。自分がなかなかの年齢になってようやく、四季を楽しむ余裕が出てきたのですが、今年は本当にそれどころじゃない…けれど通勤途中に見える桜が満開でちょっと嬉しくなります。
不要不急ってなんなんだー!!と苦悩しつつ、仕事に行かないわけにはいかないので仕事には行ってます。
推しの現場にまた自分のスケジュールと懐事情とにらめっこして行けるようになる日まで、力を蓄えておかねば。
 

そして当然ですがあまりにも現場がバッタバッタとなくなるので数年ぶりに事務所にファンレターを送りました。届くといいな。
 

今回は、前回の更新の時にちょっと書いた「占い」についてです。ガチ恋が初対面の占い師に推しの氏名と生年月日を伝えて相性を占ってもらうというのを面白く書けたらと。
 
推しの話はあんまり出てきませんので読み飛ばして頂いても大丈夫です。
 

----------
 

「実は占いで決めたんです」
 
本当に数年ぶりに対面式の占いに行ったのは、昨年末で退職した職場の後輩からこんな風に聞いたからでした。
てっきり寿退社か!?と思ったら、たまたま行った占いで「転職するなら今!」と言われて転職活動したらとんとん拍子に進んで、急遽年末に退社したという事でした。
 

昨年末から、ガチ恋とは全然関係ない事で色々と悩んだり考えたりする事が多くて、久しぶりに話を聞いて貰おうという気になりました。
全然知らない人から客観的に自分の事を話して欲しいと思う時に占いに行く事があります。が、前回行ったのはもう7年くらい前の話ですけど。
 

総合的に占って貰ったので、大まかに【自分の性格】【仕事の適正】【恋愛】的な感じで。
私の性格は割愛します(笑)
 

占い師「言動とか文章とか、言葉を使う頭脳的労働が合ってるねー。人に何かを教える職業とかカウンセラーとか。教える、癒す、接するが得意なタイプ。あ、占い師も向いてるよ」
+思考さん「まさかの!?」
占い師「やる?」
+思考さん「勧誘!?www」
 

私の仕事はこんな感じらしい。ファンキーな占い師さんでした。
 
総合的な占いなので、恋愛の診断も含まれていて。手相をまず見られて、
 

・結婚出来る、子供も出来る、ここは全然心配しなくていい
・自分の感情、直観を信じて吉。勢い重視で問題なし
・人の意見、一般論、妥協で相手を選択すると後悔する

かいつまむとこんな感じでした。言い切られると気持ちが良いものですね。
 

占い師「相手が未婚とか既婚とかそういう事抜きにして、好きな人はいる?」
+思考さん「います!」
占い師「力強い(笑)」
 

ここで力強く真っ先に頭に浮かんだのが推し。それでいいのか。
 
推しのちょっとした基本性格みたいなのも教えてくれたんですがここで私は凄く笑いました。

・変人
・プライド高い
・なんとかなる、って気持ちが多かれ少なかれいつもある
・波乱万丈
・圧倒的に優しい
・パートナーが居やすい、途切れない星回り

推し、変人だってよ(笑いすぎて声がでなくなった)
最後のやつで嫁or彼女疑惑の人の事を思い出して心が一瞬固まりました。仕方ない、推しかっこいいから。

そして肝心(?)の推しと私の恋愛的相性!
 

占い師「あと1点足りなくて友人だね。友人の中では最高点」
+思考さん「現実味がありすぎて心が苦しいです」
占い師「ちなみに、お相手は今パートナーは?」
+思考さん「多分…いない…はずです…?聞いても教えてくれないです」
占い師「ね、そういう距離感って事だよね。例えばこの人の周囲、友達や仲間や家族から攻めていけて外堀を固められるような関係ならいけるとも思うけれど、パートナーがいるかを聞けない、分からない距離感だけど凄く良くしてもらえてるって事は、下手すると〇〇〇フレンドの方向に流れる事もある」
 

一応伏せました。お察しください。そして頭をリアルに抱えました。
あと1点。まあたかが占いと言ってしまえばそれまでなんですが。
人と人としての相性は悪くないよとも言われました。でもその1点が恋人になるには近くて凄く遠い。
 
…リアルだ(笑)
 

占い師「あと、今年はなるべく受け身で。相手が何かをしてくれたりするようにしむけるのは問題ない。とは言ったものの、そういう苦手で、好きになると一直線に突っ走るタイプでしょ」

ガチ恋に落下してすぐに暴走した自分を思い出して気が遠くなるかと思いました。

+思考さん「相手に何か色々してあげたりするのも控えた方が…?(手紙書いたりプレゼントしたりする事が脳内をよぎる)」
占い師「やっぱり一直線(笑)例えば、ご飯奢ってあげたからってイコール付き合うにはならないし、何かを手伝ったりしたってイコール付き合うにはならない。段取りの1つ、過程の1つって考えればいいから」

なるほど…と唸っていたらとどめの一言。
 

占い師「+思考さんの恋愛って、今までの全てが階段みたいに一歩ずつ上がってるイメージでいてくれていいから。他の誰かからどう思われてた恋愛でも、+思考さんの中できちんと成長出来る糧になってる。そして、最後の一段、結婚相手に繋がる最後のステップにいるのがこの「変人」の星の人なんだよね」
+思考さん「え」
占い師「この人と結婚するのか、この人がきっかけになって結婚するのか、って瀬戸際だと思う」

えっ、私の結婚に何かしらの形で推しが絡んで…くる…?と、心の動揺を隠しきれないままでお開きとなりました。
 

----------
 

別に面白くないまま終わってしまいましたね…(笑)
推しが私の結婚に絡んできたら面白すぎます。絡んでくれ推し!というか、戸籍の配偶者のところに入れてくださーーーーい!!!

はい、お後があんまり良くない気もしますがここで終了です。
 
次は何にしましょうかね、「推しの心の中に構築されてるファンの段階について」とかにしましょうかね。壁が高い。
 

+思考さんの質問箱
https://peing.net/ja/plus_shikou
 
全てのガチ恋に幸あれ!